税理士が教えてくれない

​「経営者のための具体策59連発」

TAX.jpg

 

あなたは、いくつ分かりますか?

1.国の制度を使って、社長が自己破産してもとられない資金を確保する方法とは?

 

2. 国の制度を使って、利益を100%経費化して積み立てる方法とは?

 

3. 限度一杯になった経営セーフティ共済を、非課税で現金化する方法とは?

 

4.役員退職金のような低税率の報酬を、5年ごとに受け取る方法とは?

 

5. 従業員の福利厚生を充実させながら会社の利益をプールする方法とは?

 

6. 株式投信等による長期分散投資を1/2損金で行う方法とは?

 

7. 外貨積立を1/2損金で行う方法とは?

 

8. 会社の利益を使って、社長の医療保険を実質0円で準備する方法とは?

 

9. 90歳の過去に入院歴のある方でも非課税枠(500万円×法定相続人数)

      を確保する方法とは?

 

10. 相続放棄をした人にも、資金を残せる方法とは?

 

11. 役員から会社への貸付金を、倍返しで返済受ける方法とは?

 

12. 自社株評価を下げる効果がある保険加入とは?

 

13.オペレーティングリースよりも使い勝手がよく利回りも高い繰延べ方法とは?

 

14.暦年贈与を行うときに最も効果的な金額は?

 

15.中途売却が可能なオペレーティングリースとは?

 

16.役員賞与を払いつつ社会保険料を減らす方法とは?

 

17.会社からの借入金を効率的に減らす方法とは?

18.役員貸付金を一気に精算して決算書の見栄えを良くする方法とは?

 

19.一生涯の介護保障を会社から社長個人に効率よくプレゼントする

  方法とは?

 

20.万一の時は、後継者が独り立ちするまで毎年利益補填できる方法とは?

 

21.支払いを途中で止めたほうが逆に利回りが良くなる保険見直しとは?

 

22.加入してしまった節税保険を、雑収入を発生させずに「解体」する方法とは?

 

23.現金預金を遺産分割協議の対象から外す方法とは?

 

24.会社の利益を世代を飛ばして後継者へ直接移転させる方法とは?

 

25.医療保険に加入しながら高額の死亡保険金を非課税で子供に渡す方法とは?

 

26.贈与者が認知症になっても、受贈者側だけの意思で暦年贈与を成立させる

  方法とは?

 

27.会社から名義変更した保険契約を非課税で現金化しながら介護資金を確保する

  方法とは?

 

28.生命保険の非課税枠を確保しながら自分自身のセカンドライフ資金を受け取る

  方法とは?

 

29.今期だけ上がった会社利益への対策(オペレーティングリース)

 

30.今期だけ上がった会社利益への対策(生命保険)

 

31.今期だけ上がった会社利益への対策(建設足場)

 

32.今期だけ上がった会社利益への対策(コインランドリー)

 

33.今期だけ上がった会社利益への対策(ドローン事業)

 

34.社長の手取りを増やす出張旅費規程とは?

35.税務調査に強い税理士を紹介してほしい

 

36.固定資産税を国から取り返したい

 

37.払った相続税を国から取り返したい

 

38.社員が納得して喜んで働きたくなる報酬制度&退職金制度をつくりたい

 

39.手間をかけずに助成金・補助金を受け取りたい

 

40.賃貸収入を得ながら所得税を節税できる不動産投資方法とは?

 

41.不動産小口化商品を使って資産の評価額を圧縮する方法とは?

 

42.現物不動産を使って資産の評価額を圧縮する方法とは?

 

43.社会保険料負担を下げることができる退職金制度とは?

 

44.社長だけでも社会保険料負担を下げられる退職金制度とは?

 

45.掛金の1/2近くを損金計上できるのに、解約返戻率が100%超える保険商品

  とは?

 

46.退職時に業績が悪化していても気兼ねなく退職金を受取る方法とは?

 

47.オペレーティングリースに投資して固定されている利益を、計画的に不動産へ

  置き換える方法とは?

 

48.法人税対策と社長の所得税対策を一体対策できる保険加入とは?

 

49.期末に資金が不足していても節税保険に加入できる方法とは?

 

50.5~10年ごとに自動車の買い替え資金の捻出が狙える運用方法とは?

 

51.社員同士のチームワークが驚くほど改善して業績が伸びるソーシャルスタイル

  分析とは?

52.法人のクレジットカードを使って法人税を納税し、ポイントで海外出張する

 

53.役員の自宅を社宅扱いにする

 

54.株式を上場して役員報酬を配当で受け取る

 

55.キャプティブを活用して海外子会社に資金をプールする

 

56.SDGsの取組みにより企業価値を向上する

 

57.役員賞与を使って手取りを増やす

 

58.M&Aにより税率を下げる

 

59.(貴社だけの対策)